FC2ブログ

記事一覧

プロローグ

私は20歳のころに病気になりました。数多くの病院に行きましたが原因も治し方も分かりませんでした。そこで医者に頼るのを諦め、自分で病気について調べていたとき、北海道の書店で、たまたま甲田光雄医師の著書 『断食・少食健康法』を手に取り、これこそが自分の体を健康にすると、その本を読んだだけで確信しました。後に、甲田医院での実際を知ることになるのですが、本を読んだだけで得られたあの時の確信は、全くもって間...

続きを読む

臨床実習(和歌山)

8月27日から和歌山県での臨床実習(2カ月)が始まった。これで学生として最後の実習になる。これを乗り越えたら、あとは国家試験だけだ。ようやく理学療法士としてのゴールが見えてきた。今回の実習先は和歌山県の田舎で、自然が豊かなところにある。職員はみんな車通勤。ぼくは学校が借りてくれたレオパレスから歩いて通っている。雄大な山々を見ながら朝の空気のよい時間帯に通勤するのは、なかなか気持ちがいい。田舎で土地が...

続きを読む

サマーキャンプの思い出

楽しみしていた「山王こどもセンター」のサマーキャンプ。3泊4日で福井県の「若狭湾青少年自然の家」に行ってきた。https://www.facebook.com/sannoh.kodomo.center/?ref=br_tf子ども7、8人のグループが4組で、それぞれリーダー(大人)が3人つく。リーダーはセンターのOBがほとんで、みんな常連の人たち。そんな中に初めて参加する僕は、少し不安もあったけど、とにかく子どもたちのために頑張りたいと思って参加した。スタ...

続きを読む

闘病記

甲田先生には40冊以上の著書があるが、その中には、患者の体験記が必ずといっていいほど紹介されている。僕は、甲田先生の本は全冊持っているし、患者会の会報誌も全て持っている。その他、甲田医院に寄せられた数多くの体験記にも目を通してきた。おそらく、僕ほど甲田医院の患者の体験記を読んでいる者はいないと思う。その数々の貴重な体験記の中でも、以下に紹介する新井美妃さんの体験記は、群を抜いている。新井美妃さんにつ...

続きを読む

自分への弔辞

10年前に甲田先生が亡くなり、亡くなる前に、本当はもっと感謝の気持ちを伝えればよかったと、いくらか後悔した。偉大な先生、この世に100年に1人出るか出ないか、それほどまでに偉大な先生。もうきっと、甲田先生みたい偉大な医者は、この世に現れないと思う。そんな先生の傍で、長年お仕えできたことは、これは本当に奇跡的なことで、この運命に対して感謝しかない。昨日、甲田先生の命日で、先生の昔のデータをPCの中から探...

続きを読む