FC2ブログ

記事一覧

私の断食・少食体験

 私が初めて断食を経験したのは、平成5年(1993)の22歳の時でした。甲田先生の著書を読んだ私は、すぐにでも断食をして宿便を出してみたいと考え、なかなか診察の予約が取れない甲田医院を諦め、生駒の静養院断食道場で10日間の水断食を行いました。 その断食で体調が良くなった私は、その後、食事療法から離れ、また以前の間違った食生活に戻ってしまいました。しかも、断食によるストレス(反動)から、以前よりも乱れた食生...

続きを読む

胃腸は語る

Twitterで「#宿便」で検索してみたら、以下のような批判的な投稿が多くて驚いた。・・・・・・・・・・宿便なんてものは存在しない。誰でも腸壁のヒダの中に宿便がこびりついているんなら、内視鏡検査なんてできないでしょ。腸壁は常に新陳代謝で入れ替わってるんだから、便は腸壁にこびりついて滞留することなんてできないんだよ。宿便なんてないんだよ。宿便なんてありませんよ。こびりついてた便が剥がれて出てくるって…。宿便...

続きを読む

本当の自分

甲田医院があったころ、「友の会」という患者会があった。その友の会の会報誌「健康の科学」には、甲田先生の書籍には載っていないような貴重な情報がたくさん詰まっている。今日、調べたいことがあって「健康の科学」を閲覧してたら、2002年9月号に自分が書いた投稿を見つけた。たまたま見つけた16年前の自分の投稿を読んだことで、最近では忘れかけていたことを思い出した。過去の自分との出会い、これも何かの縁で必然なのかも...

続きを読む

合掌は神に通ず

西式健康法には、触手療法というものがある。患部に手を当てて病気を治すという方法。日本で有名なのはレイキヒーリングかな。レイキは、能力の高いとされるヒーラーから「アチューメント」という儀式を受ければ、誰でもが手からレイキを流すことができて、ヒーラーになれてしまうというもの。そして、その料金は数十万円もかかる。そんな、アホな。。。大した努力もせずに、お金を払ってヒーラーになれるなんて、そんなヒーラーに...

続きを読む

闘病記

甲田先生には40冊以上の著書があるが、その中には、患者の体験記が必ずといっていいほど紹介されている。僕は、甲田先生の本は全冊持っているし、患者会の会報誌も全て持っている。その他、甲田医院に寄せられた数多くの体験記にも目を通してきた。おそらく、僕ほど甲田医院の患者の体験記を読んでいる者はいないと思う。その数々の貴重な体験記の中でも、以下に紹介する新井美妃さんの体験記は、群を抜いている。新井美妃さんにつ...

続きを読む

プロフィール

katsunori

Author:katsunori

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -