FC2ブログ

記事一覧

福島原発事故後の深刻な健康被害の実態

福島原発事故後の深刻な健康被害の実態(琉球大学名誉教授・矢ヶ崎克馬)<難病患者総数>難病患者が原発事故とタイミングを合わせて増加しており、その増加数はうなぎのぼりの傾向にあります。難病が増えているのは福島県だけではありません。東日本が中心的な増加区域であると思われますが、放射能公害が日本全国に及ぶことを考慮すれば、日本中の住民に危険が押し寄せています。<総人口の減少傾向>福島原発事故以来日本の総人...

続きを読む

福島原発事故の放射能放出規模

福島原発事故の放射能放出規模はチェルノブイリの2~4倍にもなります。未だに空気中にも水中にも放射能が漏れっぱなしになっています。汚染も広域で、東日本は高度汚染です。チェルノブイリでは「年間0.5ミリシーベルト以上」を危険区域としました。日本政府は「20ミリシーベルトは安全」、「風評問題が復興を遅らせている」と叫びます。チェルノブイリでは子どもの長期保養を政府が行っています。汚染地域には汚染の無い地...

続きを読む

インドの旅

インドでは、コルカタ、バラナシ、ブッタガヤ、デリー、アグラなどを1人で2週間ほど旅をした。一番良かったのは、ブッタガヤの隣のスジャータ村。ここではアウトカーストが住む貧しい村にも訪れて、手作りの酒をご馳走になった。やっぱり自分は、観光地より、現地の人と生活の場で触れ合うのが、たまらなく楽しい。ちょうど、スジャータ村に滞在しているときが、インド最大のお祭りホーリーの日で、色粉を塗りあったり色水を掛け合...

続きを読む

インドの子どもたち

こちらはインドの田舎の子どもたち。(スジャータ村)貧しい村だけど、子どもたちは純粋で明るくて、とても可愛かったです。読売テレビの「かんさい情報ネット ten 」の取材班と一緒に村を訪問しました。3月31日(木)(15:50~19:00)に放送されます。...

続きを読む

ラムチェ村で農業体験

ネパールの「ラムチェ村」で農業のお手伝い。小学生からお婆ちゃんまで、村の人は本当によく働きます。そして、ユーモアもあるから、最高に楽しかったです。ネパールで一緒に行動した遼子さんのレポートhttp://nepalnepal.blog25.fc2.com/blog-date-20160321.html...

続きを読む

「グレ村」

「トゥルチェ村」を更に上に登って、山の頂上にある「グレ村」の小学校にも行きました。こんなところに学校があるとは驚きです。ヒマラヤ山脈が見えます!それにしても、急な山道を朝から夕方まで歩いて、膝ガクガクになりました。(=_=)...

続きを読む

エベレストが見える「トゥルチェ村」

ネパールの「トゥルチェ村」の小学校に到着!!質の良い日本製の子ども服に、みんな大喜び♪配る先生が大変そうだった。。。...

続きを読む

ネパールのタマン族

ネパールのタマン族(山地民族)が多く住むラムチェ村の小学校に、320着の子供服を届けて来ました。車が通れない急斜面の山道を、片道3時間も歩き、なかなかの体力勝負でしたが、一緒に歩いた子供たちの笑顔と歌声で、最高の時間になりました。...

続きを読む