FC2ブログ

記事一覧

ニュージーランドから西成へ

ニュージーランドの「クライストチャーチの風」代表のアントニオ弓削さんが、西成に来てくれた。
「こどもの里」と「山王こどもセンター」に、それぞれ10万円の寄付をしてくれる為だ。
http://savechild1219.blog.fc2.com/blog-entry-252.html

「あいりん労働福祉センター」の前で待ち合わせて、まず「こどもの里」に行った。
https://www.eonet.ne.jp/~kodomonosato/
館長の荘保さんが対応してくれて、紹介ビデオを見ながら、こどもの里の活動を詳しく説明してくれて、館内も案内してくれた。
荘保さんの話しから、子どもたちが安心して生きられる場所を、地域で作ることの大切さを教えてもらった。
どんな環境で生まれ育った子どもも、生まれながらにして「生きる力」を持っている。その力は、「しんどさを乗りこえたい」「人とつながりたい」と思うときにいっそう発揮されるもの。
そういった子どもたちを支援している「こどもの里」の活動に感動した。

そして「山王こどもセンター」へ。
https://www.facebook.com/sannoh.kodomo.center/
多くの子どもたちが集まって、ボール遊びやゲームやプロレスなど、みんな遊びに夢中だった。
来てすぐに、弓削さんも子どもたちの遊びに参加して、センターの雰囲気を楽しんでいた。
基本的に、みんな人見知りとかしない。すぐに大人も子どもたちと一緒に遊べるこの空間は、こどもセンターの特徴だと思う。本当に貴重な場所だ。

「こどもの里」「山王こどもセンター」の訪問を終え、今度は「ココルーム」で弓削さんと二人で夕食。
https://www.facebook.com/cocoroom/
中庭が見えるテラスで、他のお客さんやスタッフやその家族らと、談笑しながら食べるご飯と酒は最高だった。

弓削さん、49歳で家族を連れてニュージランドに移住。もう22年になる。50歳までに決断したいと思ったらしい。いろんな困難を乗り越えての今がある。そんな波瀾万丈の弓削さんの人生を聞きながら、自分も50歳までにはドイツ平和村にいくと決めていたことと重なった。

弓削さんと別れてから、少し酔って気分が良くなったので、そのまま「おおきな木」に行った。
https://www.facebook.com/ookinaki.1028/
そこでまた、ニュージーランドから帰国中の方に会って驚いた。
弓削さんと同じように、49歳でニュージランドに移住して、18年間って言ってたかな。
弓削さんはクライストチャーチ、その方はオークランドだった。

こんな偶然ってある?

あ、、これは、ニュージーランドにも絶対に行きたくなった。。。

S__77471764_0加工
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

katsunori

Author:katsunori

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -